医療系の資格は将来食い扶持に困らない|資格の基礎知識

ドクター

病院で働く専門職につこう

聴診器とカルテ

医療系の資格は少子高齢化が進む日本では最も求められている資格だといえます。そして、病院に勤務する医療関係の専門職は常に求人ニーズがあるため、食いっぱぐれることのない仕事だということはよく知られていることです。高齢者が増えるに連れて病院も増えるため、仕事が増えていくことは間違いありません。資格さえ取得することができれば、年齢がある程度高齢であっても就職口に困らないというのも医療系資格の良さでもあります。現在、学生で進路に迷っている人だけでなく、現在別の仕事をしていてキャリアチェンジを考えているような人は、やりがいがある専門的な仕事として医療系の資格職を検討してみてもいいのではないでしょうか。資格を取得するには、医師であれば大学の医学部に進む必要があり、看護師であれば看護学科か専門的な教育期間で一定期間学ぶ必要があります。医療知識を身に付けるためにはある程度のレベルの学力が求められるため、学校に入るにはそれなりに難易度の高い試験に合格する必要があります。医師や看護師が難しいという場合であれば、放射線技師や作業療法士といった資格職もあります。自分の学力レベルや適正に応じた仕事を探してみましょう。医療系の仕事といっても病院にはたくさんのプロフェッショナルが働いています。医療事務の仕事などは、他の専門職とは少し違った角度の知識が求められる仕事になります。どの資格を取得するにしても、一定の専門知識を身に付ける必要がでてきます。夜間に通うことができる学校や働きながら受講しやすい通信講座もたくさんあるため、自分に応じた勉強法で合格を目指してみてもいいのではないでしょうか。

奨学金制度を理解しよう

病院

病院奨学金制度を活用すれば、経済的に厳しくても看護師の資格を取得することができます。卒業後は、指定の病院で看護師として数年勤務することで奨学金の返済義務がなくなる仕組みになっています。制度内容をしっかりと理解して看護師を目指しましょう。

詳細を読む

心理ケアのプロになろう

カウンセリング

心理カウンセラーはストレス社会で大切な役割を求められる心理ケアのプロフェッショナルです。カウンセリング技術や専門知識を身に付ける必要がありますが、学校や通信講座など学ぶための選択肢は増加しています。将来の進路として検討してみましょう。

詳細を読む

病院スタッフのサポート役

男女

医師事務作業補助者は、医療現場の質の向上に重要な役割を担う仕事として注目を集めています。無資格でも働くことができますが、本格的にキャリアアップを目指すのであれば資格を取得しましょう。通信講座などで働きながら取得する人が多いといわれています。

詳細を読む