医療系の資格は将来食い扶持に困らない|資格の基礎知識

医者

病院スタッフのサポート役

男女

高齢化が進み高齢者が増加し続けている日本では医療職の人手不足が叫ばれています。医療職として代表的な医師に関しても例外ではなく、常に人が足りていない状態の病院が全国でみられるようになりました。医師の試験は難関であることが求められるため、試験を簡単にすることで人数を増やすことができません。そこで、医師の仕事のサポート役として医師事務作業補助者という仕事が人気になってきています。医師事務作業補助者は医療秘書と呼ばれることもある医療スタッフと患者さんのパイプ役です。専門職として働く病院スタッフが仕事に集中できるように幅広い事務仕事を担当します。受付などの一般事務から、診療報酬明細書の作成、カルテ管理など仕事は多岐に渡り、病院ごとで担当範囲も異なります。医師や看護師の周囲で医療知識の求められる事務作業を請負い、責任を持って処理していくことが求められ、社会的役割の高い仕事です。スキルがつくと全国どこの病院でも仕事があるため、一生モノのスキルとして活かして働くことが可能です。基本的な仕事は無資格でもこなすことができますが、医師事務作業補助者としてキャリアアップをするならば「医師事務作業補助者」の資格を取得することも必要になってきます。働きながら資格取得を目指す人が多いため、夜間に通うことができる学校や通信講座が増えてきています。独学では難しいと感じる人は講座や学校に通って取得を目指してもいいかもしれません。事務作業だけでなく患者さんと接する機会も増えていくため、患者さんに丁寧に対応することも求められます。別の仕事からの転職者も多いため、キャリアチェンジを考えている人は検討してもいいかもしれません。