医療系の資格は将来食い扶持に困らない|資格の基礎知識

医者

心理ケアのプロになろう

カウンセリング

ストレス社会と呼ばれる現在では精神面のケアを行なうスペシャリスト職に注目が集まっています。心理カウンセラーは心理面のスペシャリスト職を総称する呼び名のことで、心理カウンセラーにはたくさんの心理職が含まれています。そのため、心理カウンセラーが何をするのかおぼろげにしかイメージできない人も多いのではないでしょうか。ここでは、心理カウンセラーの仕事についての情報をまとめていきます。今後の就職や進路選びのご参考にしてください。心理カウンセラーの仕事内容を一言であらわすと人の悩みを聞き、相談に応える仕事です。人の悩みを聞くのであれば簡単そうに感じる人もいるかもしれませんが、プロとしてカウンセリングを行なうのであればたくさんの専門知識を習得しなければいけません。カウンセリングの技術はアメリカを中心に研究されており、体系的な知識としてまとめられています。カウンセリング技術を習得することで、相手が話しやすくなるような実践的な方法論を体得する必要があるのです。心理カウンセラーになるには、臨床心理士やスクールカウンセラー・産業カウンセラーの資格を取得する必要がありますが、資格ごとに学ぶ方法が異なります。その中でも最近では、通信講座などを利用して専門知識を学び資格を取得する人が増えてきているといわれています。心理カウンセラーが活躍できる場所は多岐に渡り、現在でも年々増加し続けているため、キャリアチェンジを目指す方にも人気がある仕事です。病院で心理のスペシャリストとしてカウンセリングに取り組む他、スクールカウンセラーとして子どもたちの悩みに応える職場もあります。最近では、会社組織でもうつ病などの対策として産業カウンセラーを雇うところがでてきています。精神面のケアを行なう専門職として認知が広がってきているため、これからも活躍場所は広がっていくでしょう。将来の進路として検討してみましょう。